薔薇愛好家の皆様に愛されるサイトづくりを目指すと共に、沢山の方々にもっと薔薇を知っていただき、 日本中に薔薇を広めていけるよう、頑張っていきますので、今後とも宜しくお願い致します。

バラの害虫

バラアイコン バラの害虫

バラを栽培し始めると、どこからともなく現れる害虫。愛するバラを守るために、怖くても戦います!

 名称  被害  発生時期
ハダニ 5月~10月
 対処と予防
葉の裏から葉液を吸い、葉は光沢を失って白くなり、落葉してしまいます。
繁殖が速く、爆発的に広がってしまいます。
冬は水のかからない寒さの避けられる場所で、固まって越冬しています。

対処:ハダニは寒さと水が苦手で、高温と乾燥が大好きです。
葉の裏に直接ホースの水をかけ、水圧で吹き飛ばします。
予防:オサダン、ケルセン 薬剤に対する耐性をもちやすいので、ときどき薬剤を変えます。

 名称  被害  発生時期
チュウレンジハバチ 5月~10月
 対処と予防
お腹がオレンジ色のハチです。ハチといっても、針は持っていません。
バラの枝に産卵をして、う化した幼虫が葉を侵食します。

対処:成虫は補殺し、産卵された枝は焼却し、幼虫は見つけ次第駆除します。
う化直後は葉裏にいますので、常に葉の下を意識して観察し、被害を未然に防ぎましょう。
予防:成虫にはマラソン、スミチオン

 名称  被害  発生時期
カミキリ虫 成虫:6月~8月
幼虫:通年
 対処と予防
バラを枯らす原因の多くがカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)によるものだと言われています。
カミキリムシは株元に近い枝に産卵をし、幼虫は樹皮から木質部、
さらに根の中心部へと食い進み、やがて株全体を枯死にいたらしめます。
株元に木屑が落ちていたら幼虫がいます!

対処:成虫は補殺します。
木屑が落ちていたら幼虫の穴を探し、殺虫剤をスポイトなどを使って注入します。
予防:幼虫にはマラソン乳剤

 名称  被害  発生時期
カイガラ虫 通年
 対処と予防
枝に寄生して樹液を吸います。
ロウを分泌して白い貝殻状となっているため、薬剤は効きません。

対処:ブラシで枝から根気よくこすり落とします。
樹皮の隙間などのものもくまなく退治しましょう。
予防:カルホス乳剤、マシン油乳剤(冬期のみ)

 名称  被害  発生時期
アブラ虫 通年
 対処と予防
新芽が伸びはじめるとすぐに寄生し、養分を吸い取ります。
発生が激しいと生育障害の原因となり、モザイク病を媒介します。

対処:数が少なければ手でつぶします。
大量の場合は、オルトランなどの殺虫剤を散布します。
予防:アンチオ粒剤(根から吸わせる)、カルホス、スミチオン散布

 名称  被害  発生時期
バラクキバチ 4月~5月
 対処と予防
春先になると飛んできて、新梢に産卵します。
産卵した部分から上の茎はしおれてしまいます。
茎の中でかえった幼虫は健全な枝に食い入り、繭をつくり、越冬します。

対処:確実な対処方法はありません。
しおれた茎に産卵しているので、健全な部位まで切り戻し、処分します。
予防:カルホス、デプトレックス

 名称  被害  発生時期
コガネ虫(マメコガネ) 5月~10月
 対処と予防
葉や花を食害する甲虫で、花が見苦しくなります。
幼虫は根を食害し、バラが枯死することがあります。(うちは3回やられました(涙))
コンテナのバラの生育状態が急に悪化したり、乾燥が遅くなり土の表面が黒土のようになったら被害を受けています。
植え替えを行い、幼虫を補殺し鉢土は廃棄します。

対処:成虫は見つけしだい補殺します。
幼虫の恐れがあるときはディプテレックスを灌中(かんちゅう:そそぎかけること)します。
予防:カルホス、デプトレックス

 名称  被害  発生時期
バラゾウ虫 4月
 対処と予防
新梢の柔らかい時期に、花首の近いところに産卵管を刺して卵を産みつけます。
花首がしおれたり、芽の先端が焦げたようになります。

対処:枝や葉の先端が不自然に枯れていたら、被害を受けています。
健全な部位まで切り戻し、処分します。成虫は見つけしだい、補殺します。
予防:スミチオン、カルホス

 名称  被害  発生時期
スリップス 5月~11月
 対処と予防
アザミウマとも呼ばれる体長1~1.5mmの小さい虫です。
花を揺すると黒い小さな虫が集団で飛び出してきます。
花や葉につき、花の鑑賞価値を損ないます。悲しくなります(ノω・、)

対処:発生と同時に殺虫剤を散布します。
草むらにひそむので、周辺の除草をしっかりやりましょう。
予防:オルトラン粒剤を地表にまく。

 名称  被害  発生時期
イラガ 5月ごろ
 対処と予防
葉の裏を薄く食害し、葉が白くかすれたようになります。
幼虫には毒針があるので、注意してください。
我が家の主人も刺され、しばらく痛い痛い!と苦しみました;(ノω・、)
刺された時は、市販の虫さされを塗りこみ、それでも痛い場合は病院へ!

対処:産卵と同時に葉を処分するか卵をつぶします。
固い繭で越冬しますので、見つけ次第処分しましょう。
予防:マラソン乳剤を散布する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サイト内テキスト検索

カレンダー

2017年8月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • twitter

Counter

  • 167537総閲覧数:
  • 61今日の閲覧数:
  • 112422総訪問者数:
  • 32今日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年8月15日カウント開始日:
Copyright © 薔薇の時間 やっぱり薔薇が好きっ! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.